お茶の水のゲストハウスへようこそ

第2次シェアハウスブーム

シェアハウス内で、カップルが誕生することはあるんですか?

「シェアハウス内で付き合ってる人もいましたよ。でも、別れた後が大変そうでした。嫌でも家で顔を合わせるから、忘れたくても忘れられない。結局、しばらくして彼女のほうが家を出て行きました。入居して1年も経ってないのに、引越し代もったいないですよね」

 やはり、『テラスハウス』のように、何事もなかったかのように過ごすのは無理ですか……。そう考えると、すごいですよね、哲ちゃん(※「テラスハウス」メンバー)。一人暮らしよりも安心で経済的だという理由でシェアハウスに住んでいたYさんですが、ストレスフルな生活に疲れ、近々引越す予定だそうです。

 シェアハウスへの憧れはあるけれども、実際暮らすのは大変そうかも。大人しくお家で『テラスハウス』を楽しんでいようと思います。急速に増えたシェアハウスはほとんど古家を改築し、押し込めるだけ押し込むというスタイルが一部で横行しています。もともと古家で使い勝手が悪いところを更に間仕切りするというのは建築的にも無理がありますし、そこに入居する人たちも果たして本心でそこに入居しているというより「流行っているから試してみる」とか「安いから」「手軽だから」という理由が主流ではないかと思います。

このスタイルでは安直であり、将来的にこの市場を成長させるのには無理が生じます。今回、国交省が一定の規制を検討するというのは正しい発想だと思います。基本的には高齢者向け住宅に於ける規制を基準とするのだと思いますが、高齢者向け住宅は個人スペースがかなり広く取ってあり、シェアハウスとはコンセプトを異にするため、そのあたりは今後つめていくことになるでしょう。また、防災上の問題、保健衛生上の観点も考慮すべきでしょう。
高田馬場女性専用シェアハウス
個人的には第一次シェアハウスブームはこれでいったん終焉し、法整備を踏まえたうえで第二期ブームを目指していくことになるとみています。その際、市場を閉塞させるような規制にしないことが大事です。家賃的には規制をクリアするとなれば今までのシェアハウスの運営は厳しくなるはずです。しかし、優良なシェアハウスの提供は若者を中心に居住の選択肢の重要な一部を占めてきています。そういう意味からもシェアハウスの芽を摘んではいけません。

「シークレット」自己啓発動画

またまた無料でいいものを見つけてしまいました。

思考は現実化するということを、
動画でうまく説明してくれています。

いまアメリカでは大ブームとなっているそうです。
日本でもたくさんのところで配られています。

自己啓発CDというより、
自己啓発動画ということでしょう。


僕はもう10回ほど見ました。
何回見ても、新たなる発見があります。
これを見た人は、誰かに紹介してください。

http://jimaku.in/w/_b1GKGWJbE8/ae1POlJjQMK

異例の制作費6億円

僕は松本人志が好きだ。
彼の処女作「遺書」がその中でも大好きだ。

彼のセルフイメージの強さには驚いたものだ。
そしてすべてが計算されつくしたパフォーマンス。

強烈なセルフイメージを持つことが成功への条件だということを彼は教えてくれる。
彼は自分のことを笑いの天才だと思っている。
誰がなんと言おうと天才なのだ。

天才だと思うからこそ、回りはついてくる。
吉本興業がなんと彼の映画制作に異例の6億円を投じるそうだ。

吉本興業としても映画産業にのりこむ一歩として弾みをつけたいようだ。

彼は好きなことだけをやっている。
好きなことをやればおのずと成功する。

自己啓発の先生となるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000003-gen-ent&kz=ent

天才松本人志が監督デビュー

松本人志が映画デビューを果たす。

彼からは様々なことが学べる。映画もとても楽しみだ。
雑誌で映画評論的なこともやっているので、このあたりもビートたけしとそっくりである。

ただ、たくさんの映画を見ることによって、よりオリジナルな作品に仕上がることだろう。

これが天才と凡人の違いである。

自己啓発の観点からいうと、彼のセルフイメージはものすごいものがある。
心のそこから自分のことを天才だと思っている。
誰がなんと言おうと笑いの天才だと思っている。

これが強烈なセルフイメージなのだ。

神田昌典さんも言っている。勝手に自分の肩書きを作ればいい。
そして何度も何度も自分に吹き込むのだ。
そうすると、本当にその肩書きになるのだ。

犯罪者が嘘を重ねるごとに、本当にそれを自分で信じてしまうこともあるそうだ。言葉と刷り込み。潜在意識のすごさがここにある。

松本人志の映画デビュー作とても楽しみだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000001-flix-movi&kz=movi

自己啓発の継続力

自己啓発をしていけばおのずと収入は増えていきます。
いまやネットで収入を得ている人はたくさんいます。
さまざまな方法があります。

どんなことでも大切なことは継続することです。
そしてもっとも継続しやすいことが自己啓発CDを聞くことです。
ただ聴くだけですから。
読書も大切です。
でも元気が出ないときはCDのボタンを押すだけでいいのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。