お茶の水のゲストハウスへようこそ

プレーイングマネジャー

多くの職場で、こうしたミニ実践を通じて、部下が上司のやり方を自分なりに工夫して、自らのマネジメント方法を確立してきたのである。別の言い方をすれば、ミニ実践がなければ上司から学んだものは、単に良い上司行動である。試行することを通じて初めて、自分のマネジメント手法になる。

 いうなれば多くの企業でこれまでミドルマネジャーは、「観察学習→ミニ実践→自分なりのやり方開発」という過程を経て自分で自分を育成してきたと考えられるのである。考えてみても、ミドルマネジャーとしての行動のうちホントに重要なところは、部下が上司を見つつ、工夫をしながら自分のやり方を見つけてきたというのが正直なところだろう。
 だが、こうした方法にはいくつかの決定的な難点がある。そしてこうした難点が顕在化するとき、これまでのミドル育成法は機能しなくなる。難点の一つは、職場の状況として、見るべき上司の背中があり、また上司から盗んだことを試行できる場があることである。

 まず見るべき背中については、ミドルのプレーイングマネジャー化、組織のフラット化などによって、ミドルが一人ひとりの部下と相対できる時間が極めて少なくなった。今までは、いつも席に行けば上司が座っていたのが、お互いに忙しくなり、メールでアポイントメントをとらないと会えなくなってきた。また上司と同行するチャンスもめっきり減った。

 また魅力的な上司が減ってきた。というか正確に言えば、部下にとって、上司が魅力的に見える場面が少なくなってきたのである。例えば、自分の経験をちょっと脚色して、ストーリーとして部下に伝えるという場面は、部下から見れば、未知の世界への誘いであり、そこからその上司の背中を見たいと思う意欲が高まることもある。だが、私が見る限り、上司が部下に自分の成功物語を話して、部下が眼を輝かして聞く、というような機会が減ってきたように思う。

 さらに、上司が部下にチャレンジする背中を見せる場面が少なくなっていることもある。厳しい業績管理のもとで、上司はチャレンジをせず、ただ忙しく目標を達成する姿だけが見られるようになってきたのかもしれない。いずれにしても、上司が部下に魅力的に振る舞える機会が減ってきた。部下にしてみれば、仕事を楽しんでいるように見えない上司の背中を見る意欲はわかないだろう。

 もう一つが試行する機会の減少である。上述したように人はミドルに育つまでに、先輩や上司のやり方をまねて、自ら「ミニ実践」を行うことが学習の観点からは重要である。
 だが、ここで考えておかないとならないのは、ミニ実践がきちんとできるためには、職場にリスクを受け入れる余裕が必要なことである。学習途上にある若手に、「やらせてみる」余裕である。
 だが今、多くの職場で「やってみなはれ」という雰囲気が低下している。職場として失敗を許容しない雰囲気が浸透しているのである。その背景には成果主義や企業内のリスク観の変化などがあるのだろうが、ミニ実践があくまでも「やってみる」経験である以上、失敗が許されにくい職場では若手のチャレンジは起きにくいのである。その結果、重要な学習経験が失われる。
 ほかにもあるかもしれないが、これまでのミドルまでの育成がきちんと機能していた環境は大きく揺らいでいるのだ。

| 日記

お茶の水ゲストハウス

楽器の街と言えば、お茶の水。
その街に住みたいと思っても、家賃は高い。
一番交通の便がいいですからね。

しかし、ゲストハウスという手があります。

⇒ http://www.gen-e.jp/guesthouse.html

ここの下のほうにいったらわかるんですが、なんと○○○があります。
楽器、やりたい放題。
歌いたい放題。

しかも、きれい。


⇒ http://www.gen-e.jp/guesthouse.html


うーん。すごい時代になった。
これがシェアハウスというのか。
http://www.aoyama-fc.com/
| 日記

昨日は雪

昨日は雪でしたね。だからなんだってことなんですが。
それにしても自己啓発って言葉の響きって怪しいですね。あんまり良いイメージはありません。だからこそこの世界に足を踏み入れる人は少ないってことです。逆にチャンスだと思います。
最高の自己啓発CDはアールナイチンゲールと、ジムローンのCDです。
これは日本でもアマゾンなどで買えますのでおすすめです。
まず何回も聴くということが前提です。この2人は当たり前のこと永遠と繰り返してくれます。目からうろこのようなことを言っても最初は驚くかもしれませんが、そのうちわけがわからなくなります。
永遠と親が言うようなことをずっと聴き続けるといずれ変化が起きます。
これは本当にすごいです。中毒になったら最高です。
もう自然とアールナイチンゲールとジムローンの言葉を繰り返しています。一番大切なことは態度だということ。姿勢とも言いますね。
誠実だということも。当たり前のことです。しかしこれが最強なのです。おすすめです。
| 日記

自己啓発CDを聴こう!

0.17秒。あなたはこれが何の数字か分かりますか?

これは、将棋の羽生善治(元・竜王)が
73手先を読むのにかかる時間です。

一流棋士が手を読む速度は
現在最高のスーパーコンピューター『ボナンザ』すら
しのぐと言われています。

まさに驚異的な集中力と演算能力です。
なぜ、人がスーパーコンピューターに勝つことができるのか?

その秘密は「脳」にあります。

普段93%以上が使われていないといわれている
脳の機能を真の意味で解放することで、
人間はスーパーコンピューターにすら
勝つことができるのです。
聴くことの大切さ

まずはリラックスです。
寝る前が一番いいです。

素直になれる時間です。

抜群のネーミングですね。

社会保険機構を廃止して、日本年金機構という名前になるそうです。

とてもいい名前だと思います。

まず、日本年金機構ということになれば、年金ということにクローズアップされるでしょう。
働いている人の意識も変わると思います。

わたしは日本年金機構で働いているんだということで、自覚も変わってくるでしょう。

なんとしてでも日本の年金制度を破綻させるわけにはいかないと思ってもらえるでしょう。

さすが柳沢大臣であります。

彼の才能は本当に誤解されています。

彼ほど有能な政治家はそうはいません。

ーー公法人の名称が決定したことで社保庁改革関連法案の全体像が固まった。社保庁の代わりに日本年金機構を設けることや、社保庁の年金給付や保険料徴収などの実務を民間企業へ外部委託したり、業務の一部を職員ごと民間会社として独立させたりする規定を明記する。悪質な保険料滞納者への強制徴収は、国税庁に委託することが可能となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000003-yom-pol

チョコレートは日本だけの文化

チョコレートで有名なベルギーですが、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣なんてないそうです。

やっぱり日本だけだったんですね。

ですが、バレンタインデーのチョコレートの話題をうんちくたれるように言う人って、結局モテナイ人なんですよね。

私も含めて。

確かに日本のお菓子会社が勝手に作った文化なんですけどね。
もらえるとやっぱりうれしいですからね。

ちなみにホワイトデーもやっぱり企業の戦略です。


ところで、はいのりのハオロンさんの情報商材、すごい売れてるそうですね。

まもなくモニター販売終了するそうです。

メールマガジンって稼げるんですね。
僕も挑戦します。

魂のメルマガアフィリエイト

報告によると、バレンタインデーを祝うと答えたのは全体の30%。そのうち半数以上の53%が食事に出掛けると答えた。贈り物をするとの回答は38%で2位。贈り物で人気があるのは化粧品(39%)、宝石類(34%)、花(21%)、商品券(7%)の順だった。
 ベルギーはチョコレートで有名だが、あまり人気はないようだ。ちなみに祝う人の出費額は約100ユーロ(約1万5800円)という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000018-jij-int&kz=int

ありのりハオロンの魂のメルマガアフィリエイト

あいのりに出てたハオロンって知っていますか?

彼って、結婚したんですね。

それになんと彼は、アフィリエイトだけで月に700万円稼いでいるそうです。アフィリエイト界では有名なんだそうです。

そんな彼がなんとその稼いだノウハウを全部公開するらしいのです。

メールを出すだけで、月給700万円です。

月にいくら稼いだかを発表するランキングにもちゃんと載っています。アフィリエイターランキングというものです。

そしてこの情報商材はもうすでにインフォトップのランキングで1位になっています。

しかもぶっちぎりの1位だそうです。

もしかして、このノウハウを知っていれば、

誰でもメルマガだけで稼ぐことができてしまうのではないか?

それほど目からうろこのノウハウでした。

今ならモニター販売なので格安で購入できます。

魂のメルマガアフィリエイトへ

誰も言わない松坂が活躍できる理由

松坂は怪我さえしなければ、メジャーで20勝する。
これは断言できる。

松坂大輔こそ、メジャーで勝てる要素すべてを持っているからだ。


まず、松坂大輔はコントロールピッチャーではない。
崩れるパターンはいつも決まっている。

そう。

四球からなのだ。連打されて、打ちのめされるというパターンでは松坂は崩れない。

その間に、いつも四球が絡んでいるから、大量点につながってしまうのだ。

しかし、メジャーリーグでは初級打ちが大変多い。
ノーツーのカウントからだったら、ほとんどの打者はいいボールが来たらフル。
日本だったら、待つ選手も多いのに。

これによって、松坂が四球から崩れるというパターンが日本よりも大幅に減ることが予想される。

これが松坂が活躍できる第一の理由だ。

もうひとつは、メジャーリーグでは基本的に9回までは投げることは少ない。ということで、当然登板回数が増える。よって、日本での20勝よりは簡単だ。


そしてもうひとつ、これは誰も言っていないことだ。

それはメジャーリーグのマウンドの硬さだ。
これは野茂が成功した要因の一つである。

メジャーリーグのマウンドはとても硬い。
めったなことでは穴は開かない。
これによって、いつまでもバランスよく投げられるのだ。

これは本格派ピッチャーにとっては大きな武器になる。

特に松坂は左に体重が流れるという悪い癖がある。

これがメジャーでは絶対になくなるのだ。

これによって、松坂は20勝する。
断言する。

ただし、チェンジアップの多用は禁物だ。
彼のチャンジアップはサークルチェンジと呼ばれるものだ。

これは、シュートを投げるときの腕のフリと似ている。

これを多投すると、普通のストレートまで、シュートしてしまうのだ。

これは本人に聞かせたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070211-00000204-ism-spo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。